3密を避けて新しい生活様式へ!

プロが指導、ティーンズジャズユニット「マザーレイクジャズオーケストラ」今夏始動

記者会見(6月21日、滋賀県庁)に出席した(左から)(公財)滋賀県文化振興事業団の泉谷仁子さん、奈知正宜さん、JABBERLOOPドラムスの齋藤陽平さん、株式会社EGSの松崎悦子さん

記者会見(6月21日、滋賀県庁)に出席した(左から)(公財)滋賀県文化振興事業団の泉谷仁子さん、奈知正宜さん、JABBERLOOPドラムスの齋藤陽平さん、株式会社EGSの松崎悦子さん

  • 0

  •  

 滋賀県内のティーンズを対象に本格的なジャズユニット「マザーレイクジャズオーケストラ」を結成、育成するプロジェクトが今夏スタート、来年2月に野洲文化ホールでコンサートを開催する。

昨年も高校に出向き演奏指導したJABBERLOOP(滋賀県立玉川高校吹奏楽部と)

 プロジェクトの正式名称は「もっと輝け!金の卵プロジェクト ティーンズジャズユニット『マザーレイクジャズオーケストラ』結成・育成事業」。公益財団法人滋賀県文化振興事業団と県内のホールやアートNPOなど文化団体が連携・協働する「滋賀県アートコラボレーション事業」にEGS(野洲市小篠原)が提案、採択された。

[広告]

 同プロジェクトは来年2月に行われるコンサートを初年度のゴールとし、夏休み期間を利用したアウトリーチ(プロによる出張指導)、9月、12月に実施する合同クリニックと指導、育成の機会を設ける。アウトリーチでは滋賀県出身で、国内外で活躍するジャズバンド「JABBERLOOP」と県内で活動するビックバンドメンバーが講師を務め、7月下旬~8月上旬にかけて高校3校の吹奏楽部、軽音楽部を対象に開催される。合同クリニックは9月25日に野洲文化ホール、12月10日に野洲文化小劇場で開催され、アウトリーチ実施校、マザーレイクジャズオーケストラメンバーを対象に実施される。オーケストラメンバーは9月~10月にかけて募集、決定する。

 企画した同社・松崎悦子さんは30年ほど前から、バンドやミュージシャンを紹介するウェブサイトを開設、ライブの場を提供するなど県内の若いミュージシャンを支援する活動をしてきた。7年前、知人に依頼され、来日していたスイスのティーンズジャズバンド「Swing Kids」の宿泊ボランティアを引き受け、急きょコンサートを企画し演奏に触れた。

 同バンドはスイスの子どもたち14~15人で構成するジャズバンド。スイス在住のトランペット奏者木元大さんが指導する。メンバーは18歳になると卒業し2軍メンバーと入れ替わる。世界各地で開催されるジャズフェスティバルに出場するなど世界を舞台に活躍する。「演奏に感動するとともに長年夢に描いてきた子どもたちのバンドの具体的な姿を思い描くことができた。滋賀の子どもだけで構成するジャズバンドを結成し、プロやアマで活躍する地元の大人のミュージシャンにも協力してもらって育てていくイメージを持てた。しかし、学校の協力や父兄の理解、練習場所の確保など多くの課題もある。そんな折、『アートコラボ事業』があることを知り、温めてきた構想を提案、採択された」ときっかけを語る。

 「初年度、何と言っても県内の10代にプロジェクトを知ってもらうことが大事。そのための色々なアクションを盛り込んだ。子どもたちが憧れるプロミュージシャンに指導を受けられる機会もその一環。『JABBERLOOP』に企画を打診、協力してもらえることになった」といい、「学校を超え、年齢を超え、バンドを結成し行政と企業とホールが協力しプロミュージシャンにも力を借りて育てていくというのは、おそらく日本でも初めての試みではないか。彼らが日本で有名になって世界のジャズフェスから声が掛かるような存在になれるよう全力で応援していきたい。彼らの存在が刺激になって滋賀のミュージックシーンの底上げになることを目標に取り組んでいきたい」とも。

 JABBERLOOPでドラムを担当する大津市出身の齋藤陽平さんは「昨年上京してデビュー10周年を迎えた。その間、音楽活動の傍ら子どもたちの指導もしてきた。昨年は浜大津でマザーレイクジャズフェスティバルを開催し、玉川高校吹奏楽部、草津東高校軽音楽部とコラボレーションした。高校に出向いての出張指導も経験、レベルの高さに驚いた。自分が子どものときにはプロミュージシャンが学校に来て教えてくれるということはあり得ないことだった」と話し、「僕達ができなかったことを彼らが経験し、少しでも刺激になって今後の音楽活動のレベルアップになればと今回の話を喜んで引き受けた。これを機会に県内の学生ミュージシャンがスキルアップ、底上げにつながれば」と地元への恩返しに意欲を見せる。

 同オーケストラの募集は小学生~19歳の12~15人程度を予定。問い合わせは(公財)滋賀県文化振興事業団(TEL 077-522-8369、滋賀文化元気室)まで。

ピックアップ

Stay at Home