見る・遊ぶ 暮らす・働く

草津市の梅雨空に浮かぶ97本の傘 カラフルな傘で雨を楽しむ

傘に手を伸ばす岩崎瑠莉ちゃん1歳

傘に手を伸ばす岩崎瑠莉ちゃん1歳

  •  

 エイスクエア(草津市西渋川1)で6月8日、傘で梅雨空を彩る「アンブレラ・パティオ」が始まった。。

97本の色とりどりの傘が飾られた会場(関連画像)

 ポルトガルの夏のイベント「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」にヒントを得て、本年度初めて行う同企画。同施設内のSALA東館と南館の間の中庭を97本の8色傘で飾りつけ、6日に梅雨入りした滋賀県の空を彩った。

[広告]

 同施設スタッフの斎藤慎一郎さんは「晴れた日には太陽光を透過して地面にカラフルな影ができる。晴れの日、雨の日、いろいろな景色を楽しんでほしい」と話す。

 この日は、学校帰りの高校生や家族連れが写真を撮影する姿が見られた。草津市の女性は「前に来たときはなかったので、驚いた。子どもに見せたいと思って写真を撮った」と話す。

 同施設広報担当者の前田梨佐子さんは「フォトジェニックな会場で、いろんなポーズで撮影してほしい。2階から見下ろすとまた違う風景になる」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は9時~22時。7月初旬まで。