食べる

大津に親子連れのためのカフェ 「ママも自分の時間を作ってほしい」

日替わりランチ(1,320円)15時からはお惣菜の販売も

日替わりランチ(1,320円)15時からはお惣菜の販売も

  •  
  •  

 子育て中の母親のためのカフェ「HOT MILK」(大津市一里山)が2月4日、オープンした。

オーナーの上野さんと子どもたち

 オーナーの上野いずみさんは5歳と3歳の子どもを育てる母親で、店には子連れで出勤している。上野さんは「出産前は飲食店で働いていて、お客さんとの会話が好きだったが、子育て中はずっと家にいて、誰とも会話しない日もあった。長男が幼稚園に通い始めて、少し余裕ができた時に、自分と同じような状況のママが気軽に来ることのできるカフェをしたいと思った」と振り返る。

[広告]

 上野さんが「コラボしが21」(打出浜)で「今すぐでなくても、15年後でもいいのでカフェを開業したい」と相談すると、担当者に「子育て中の今に起業することに意味がある。リアルタイムで子育てしている姿を見せれば、お母さんたちの希望になる」と後押しされ、子育て中の開業を決意。「子連れOKのカフェはあるが、実際に行ってみると、『お子さまはお静かに』という貼り紙があって行きづらくなった」という上野さんの経験から、未就学児の親子連れを対象にしたカフェをオープンした。

 日替わりランチ(1,320円)、カレーセット(1,100円)のほか、子ども用メニューも提供。子ども用オムライスとカレーはご飯の量を選べる。14時30分からのティータイムには手作りおやつも提供する。授乳室、ミルク用の湯、子ども用椅子、エプロン、子ども用食器、替えのオムツ、布団、おもちゃのほか、服が汚れた時に貸し出す子ども用の服も用意。上野さんは「目指すはリュックゼロ。子どものための荷物を持たずに、手ぶらで来てもらいたい」と話す。

 「子どものために行く場所ではなく、ママのために行く場所にしたい。ママが家を出るきっかけになれば。ママも自分の時間を作ってほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は10時30分~17時。日曜・祝日定休。

SmartNews Awards 2019