見る・遊ぶ

東京2020大会延期決定 滋賀レイクスターズ所属選手「切り替えて頑張る」

滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手

滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手

  •  
  •  

 東京2020オリンピック競技大会の1年程度の延期が3月24日、発表されたことを受け、滋賀レイクスターズ所属の日本代表候補選手のコメントが発表された。

滋賀レイクスターズ所属 陸上競技女子棒高跳びの我孫子智美選手

 2019年FIBAワールドカップ日本代表のシェーファーアヴィ幸樹選手は「東京オリンピックが当初の予定通り開催できないのは大変残念だが、新型コロナウイルスの影響により世界が大変な状況に置かれている中、大会が中止ではなくて延期と決定されたことは良かった。オリンピックに出るという目標自体は何も変わらないので、発表された2021年に開催されることを信じ、その大舞台で活躍ができるように気持ちを切り替えて頑張る」とコメントした。

[広告]

 2019年全日本選手権で優勝したカヌーの新岡浩陽選手は「人の命や健康より大切なことはないので、正しい判断だと感じている。情報が入っていないので分からないが、代表選考のやり直しや中止になった大陸予選の再設定があるかもしれない。選手としては前を向いてトレーニングに励む。できるかぎり早く、多くの死者を出さずにコロナウイルスが収まって、健康で明るい世界が戻ってくることを願っている」とコメント。

 陸上競技女子棒高跳びのロンドンオリンピック日本代表の我孫子智美選手は「残念だが、このような状況では仕方がないと思う。選手としては、分からないということが一番不安になるので、いつ開催予定で、選考はどうなるのかをできる限り早く明確にしてほしい。新型コロナウイルスの感染拡大が早く縮小、終息してくれることを祈っている」とコメントした。

SmartNews Awards 2019