食べる 買う 学ぶ・知る

野洲図書館で地元の農産物イベント 野菜直売、地元飲食店のテークアウトも

野洲市の湖魚食品販売店「ビワコドーターズ」が提供する「琵琶湖のえびパン」

野洲市の湖魚食品販売店「ビワコドーターズ」が提供する「琵琶湖のえびパン」

  • 47

  •  

 地元の農産物の販売やワークショップをするイベント「やすの農産物deアート」が3月6日、野洲図書館(野洲市辻町)で開催される。

野洲の野菜を詰め合わせた「まるかじりセット」

 野洲市の農産物をアピールするために「おいで野洲まるかじり協議会」が開くイベントで、市内で採れた野菜の詰め合わせ「まるかじりセット」の販売や、テークアウトフードの提供をする。

[広告]

 共同作業所「陽だまり」(野洲市小篠原)がコーヒーとワッフル、ビワコドーターズ(菖蒲)がビワマスサンドと琵琶湖のえびパン、コッペパン専門店「きなこっぺ」(小篠原)が「きなこ揚げパン」を販売する。野菜の移動販売車「すまいる号」も来場する。

 そのほか、市内産の大麦を使ってフィンランドの伝統的な装飾品「ヒンメリ」を作るワークショップや、野洲の農産物について学ぶ「食べ物クイズラリー」、野菜から作った絵の具で塗り絵を体験するコーナーなども設置する。

 同協議会会員で企画担当の藤岡いづみさんは「地元の野菜を知って、食べて、楽しんでもらいたい。野洲の農産物を知ってもらうきっかけになれば」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~14時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース