ラフォーレ琵琶湖で「メタボ対策プチ料理講座」-シェフならではの豆知識も

写真=総カロリーが671キロカロリーのメタボ対策料理

写真=総カロリーが671キロカロリーのメタボ対策料理

  • 0

  •  

 総合リゾートホテル「ラフォーレ琵琶湖」(守山市今浜町、TEL 077-585-3811)は3月18日、「ご主人のために奥様が学ぶ メタボ対策プチ料理講座」を開催する。

 同講座は、昨年4月より健康保険組合に義務づけられたメタボリックシンドロームの予防対策を支援するもので、同ホテル内の仏蘭西料理「レ・シャルム」で行う。

[広告]

 「メタボレスクッキング」をコンセプトに「旬の食材をこれまでよりもおいしく、栄養価を保ったまま、食材や調味料、エネルギーなどすべての無駄を省くとともに、食材そのものが持つ色が体に与える力(カラードパワー)にも着眼し、心と体にやさしい料理を提案する」(同シェフの木村拡善さん)。

 今回の実演メニューは、「地野菜とマグロのサラダ仕立てピーツのバーニャカウダソース添え」(234.8キロカロリー)、「ゴボウのコーンポタージュスープ」(42.1キロカロリー)、「オーストラリア産牛フィレ肉のグリルステーキ」(368.9キロカロリー)などで総カロリーは671キロカロリーに抑えている。

 「前菜にサラダを出すのは、最初に野菜を食べることにより、その後の血糖値の上昇を抑える効果があるため。カブや大根、ラディッシュなどの食材は地産地消にこだわりながら、牛肉にはオーストラリア産を使用しているのは国産牛に比べ90グラム当たり約80キロカロリー低いから」と木村シェフ。「調理実演を通じてカロリー計算や豆知識など役立つ情報を教えるので、今後の食生活に生かしてほしい」とも。

 開催時間は11時~14時。参加費は3,900円。申し込みは同ホテルまで。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース