食べる 暮らす・働く

「滋賀B級グルメバトル」今夏も開催へ-15万人動員目指し60団体出店

出店グルメ記者発表の後、ポスターを手にする大道会長と実行委員会メンバー

出店グルメ記者発表の後、ポスターを手にする大道会長と実行委員会メンバー

  • 0

  •  

 昨年初開催で約12万人を動員した「滋賀B級グルメバトル」が今年も8月4日・5日の2日間、大津港特設会場(大津市浜大津・浜大津アーカスびわ湖側)で開催される。昨年同様60団体が出店を予定し、15万人の動員を目指す。

 「第2回滋賀B級グルメバトル in 浜大津サマーフェスタ2012」と名付けられた同イベントは、大津商工会議所の加盟企業などで構成する実行委員会(会長=大道良夫大津商工会議所会頭)が主催する。5月に出店団体を募集したところ92団体からの応募があり、実行委員会で絞り込んだ60団体を6月1日発表した。

[広告]

 「滋賀県内の食材を利用すること」「レシピを公開すること」などが出店条件。昨年グランプリを獲得した「近江牛ホルモン唐揚げホソカラ」、準グランプリの「近江牛肉巻きふわっとろっハンバーグ」も出店し、地元特産品や観光資源をもじり商品名にした出店が目を引く。「びわカン丼」のようにテレビ番組内で企画がまとまり出店するところもある。

 グランプリは、来場者が気に入った商品の投票箱に食べ終わった箸を投入し、投入された箸の重さと特別審査員による審査ポイントで決定する仕組み。箸は一品に付き一膳渡されるため、投票は箸の数だけできる。

 商品は会場で販売する食事チケットで購入するが、このチケットは会場周辺の店舗でも利用できるようにし、来場者が周辺店舗も回遊する仕組みを確保した。チケットはイベント終了後も2週間利用できる。

 両日、県内商工会議所の女性会が物産展を開くほか、会場周辺では「浜大津サマーフェスタ2012」「第7回びわ湖ドラゴンキッズ選手権大会」、夜には打ち上げ花火も予定する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース