草津で「ママ・ベビーフェスタ」-ベビーマッサージ体験や読み聞かせなど

「ファーストサイン」で赤ちゃんとのコミュニケーション術を体験

「ファーストサイン」で赤ちゃんとのコミュニケーション術を体験

  •  

 イオンモール草津(草津市)で12月16日、ママのための子育てイベント「ママ・ベビーフェスタ2012」が開催された。関西ママセラピストが協力しピースマム・プロジェクトが主催した。会場には約1000人の親子が来場しさまざまな体験教室などを楽しんだ。

「えほんよみきかせ」に子どもたちも引き込まれるように目を向ける。終了後には使用絵本の抽選会も行われた

 同イベントは滋賀県内で活動するママセラピスト12人と子育て情報誌「ピースマム」がコラボレーションし初開催。会場では各種体験教室、「えほんよみきかせ」などのイベントのほかプロカメラマンによる「ママ&ベビー写真撮影会」も行われた。体験教室では「ベビーマッサージ」「ファーストサイン」「マザーリトミック」「ヘッドスパ」のメニューをRTA(ロイヤルセラピスト協会)の資格を持つママセラピストが担当し実施したほか、「バランスボール」「骨盤矯正」メニューの紹介・体験コーナーも設けられた。

[広告]

 ママセラピストのピュアスマイル甲斐麻也子さん(草津市)は「大阪など都市部ではママ向けの大きなイベントがあるが県内ではなかった。出生率も高い滋賀だが核家族も多く育児で家にこもりがちのママも多い。イベントを通して親子の絆、赤ちゃんとのコミュニケーションの取り方を学んでほしい。育児中は自身がリラックスできる場所に出掛けることも難しく身体にも心にも疲れがたまるもの。人気の癒やしメニュー『ヘッドスパ』の体験も用意した」と語った。甲斐さん自身、出産後にベビーマッサージの教室に参加したことがきっかけで資格を取り現在は7種の資格を持つセラピストとして活躍中。「育児中のママを応援するとともに働きたいママにもセラピストとしての仕事を知っていただきたい。子育てしながら自分もキラキラ輝くお母さんを増やしたい」と力を込める。

 バランスボールを使った産後トータルケアプログラムを紹介する豊郷町の上田絢子さんは「バランスボールは産後の心と身体のケアにとても有効。私は産後1年で出合ったが、もっと早く出合いたかった。楽しく無理なく取り組めるバランスボールは産後の骨盤ケアにも最適。自律神経のコントロールにもいい」とアピールする。

 愛荘町から参加した西澤志保美さんは「ホームページで写真撮影がある事を知り参加した。仕事もあり普段なかなか構ってやれないが、子どもと一緒に楽しむことができた」と笑顔で語る。

 「ピースマム」編集長の廣瀬香織さんは「ママセラピストさんからイベントの相談を受け同じ思いの者同士のコラボイベントが実現した。これからママになる人もママになった人も不安や悩みが多いもの。そんなママに役立つさまざまな体験をしていただけるイベントが実現できてうれしい。仕事としての可能性も知ってほしかった。産んだからこそ『人の子育てに関わる幸せ』も分かるもの。県内の他の地域でも開催していきたい」と今後のイベント開催にも意欲を見せる。