食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

三井寺で「アースデイしが」-「カンタ!ティモール」上映、中川敬さんライブも

1回目の「アースデイ・しが2011」-多数の来場者で盛り上がる会場の模様

1回目の「アースデイ・しが2011」-多数の来場者で盛り上がる会場の模様

  • 0

  •  

 「アースデイ・しが2013」が5月26日、三井寺(大津市園城寺町)で開催される。主催は「ネットワークあすのわ」「森のまつりごと」。

笑顔でつながるマーケット

  「アースデイ」は、アメリカで発案された地球環境を考える日のこと。2年前に初開催され3回目となる。今回のテーマは「土」「森」。「土から生まれた命(わたしたち)つながろう!」とサブテーマを掲げた。

[広告]

 観音堂では、東南アジア・ティモールを舞台に、大地との絆を描くドキュメンタリー映画「カンタ!ティモール」を上映する(10時・13時、各回60人)。観月舞台では、同作監督の広田奈津子さんが観月舞台で講演を行う(15時~15時50分)ほか、「ソウル・フラワー・ユニオン」ボーカリスト・中川敬さんがライブ(16時20分~17時)を披露。千団子社周辺では、音楽ライブ・トークセッション、オーガニック食品や衣料品、福島県支援の物産を販売する「こだわりマーケット」「地球によりそう暮らしの展示」「こどもの森あそびプレイパーク」「みんなのしゃべり場座談会」を開く。

 同イベント事務局の岸田知之さんは「アースデイは『マザーアース=母』の日とも言える。自然豊かな三井寺で地球から受けている恩恵を共有し、滋賀のいい所を再発見してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~17時。入場無料。映画入場料は、前売り=1,000円、当日=1,200円。講演・ライブ入場料は、前売り・大人(高校生以上)=1,500円、小・中学生=800円、当日・大人=2000円、小・中学生=1,000円。映画・講演・中川敬さんライブは「あすのわ」ブログの専用フォームからの参加申し込みが必要(5月24日まで)。

Stay at Home