見る・遊ぶ 暮らす・働く 学ぶ・知る

琵琶湖博物館が無料開放デー、21時まで延長し「夜の水族展示」も

昼は寝ていてほとんど動かないナマズなど夜行性の魚が動いている様子を楽しむ家族連れ(写真提供;琵琶湖博物館)

昼は寝ていてほとんど動かないナマズなど夜行性の魚が動いている様子を楽しむ家族連れ(写真提供;琵琶湖博物館)

  • 0

  •  

 琵琶湖博物館(草津市下物町、TEL 077-568-4811)は7月5日・6日、入館料などを無料にし開館時間を21時まで延長する「あさ、ひる、ばん博物館を楽しもう!」を行う。

「ばん」のアトリウムコンサート

 開館15周年を記念して始めた同イベントは今年で3回目。昨年は3日間の開催で1万2000人が来館した。今回は、朝・昼は常設展示に加え、近江牛の串焼き・メロンパンなど地域食材を生かした14店が出店し「おいしが うれしが 特産マーケット」を開く。そのほか、実際の動物の骨の組み立て、楽器作り、ハンモック作りなど体験コーナーを館内外で繰り広げる。17時からは「アトリウムコンサート」として、リコーダーコンサート、ジャズ演奏、ヨシ笛コンサートを開くほか、「夜のお楽しみ」として星空観察会、夜の昆虫観察会、照明を暗くしてウナギやナマズなど夜行性の生物を観察できる「夜の水族展示」などを行う。

[広告]

 同館交流担当の加藤理(おさむ)さんは「家族連れはもちろん、21時までの夜間開催なのでカップルでのデートや会社員にも来てほしい。堅苦しい話ではなく、一日ゆっくりと過ごす時間を提供し、びわ湖や自然、暮らしについて考える機会になれば」と来館を呼び掛ける。

 両日の開館時間は9時30分~21時(通常は17時まで)。両日、自家用車の駐車料金も無料にするほか、路線バス(有料)も増発する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース