天気予報

28

17

みん経トピックス

滋賀アイスアリーナで涼む大津パルコにキン肉マン登場

草津の理容店が24時間散髪&ヘッドスパ-売り上げなどを被災地に寄付

  • 0
草津の理容店が24時間散髪&ヘッドスパ-売り上げなどを被災地に寄付

お客さんがイベントの成功を祈って寄せ書きしたのぼりを手にする店主の長田浩さん

写真を拡大 地図を拡大

 草津の「ナガタ理容室」(草津市東草津3、TEL 077-562-4546)が7月20日9時から翌21日9時にかけて、被災地支援を目的にした24時間チャリティーイベントを開催する。タイトルは「24時間チャリティー散髪&ヘッドスパ、笑ってはいけない『アカン理容室24時』~ワンナイトカーニバル真夏の夢~」。

イベントを行う待合スペース。一角には毎日長田さんが書をしたためるコーナーも

 7月16日で45周年を迎える同店。現在は二代目の長田浩さんが店主を務める。節目のタイミングに何かやりたいと考えていたが、当初、具体的なアイデアはなかなか浮かんで来なかった。「(自ら参加する)経営者勉強会でヒントをもらい、参加者に喜んでもらえ、世の中の役に立てるように」と今回のチャリティー企画をまとめ上げた。

 24時間の散髪・ヘッドスパなどの売り上げのほか、利用客を全力で笑わせる取り組みも行い、笑うとその都度募金を徴収。待合スペースを使ったゲストコーナーではイベント協力者によるサービスも提供し、義援金も受け付ける。ゲストコーナーは、専門家による似顔絵、簡単色診断、お金占い、ライブ、ハガキ書き方教室、お茶カフェ、深夜の税務相談・法務相談などを予定。最後は元気に朝礼を行い、イベントを締めくくる。散髪やヘッドスパは予約が必要だが、ゲストコーナーは出入り自由で誰でも参加できる。

 「節目のイベントをやりたいと思っていた。どうせやるなら面白いことをやりたい。そして、東日本大震災被災地では、まだまだ支援の行き届いていないところもあると聞き、義援金を送りたい思いもあった。みんなが楽しめて喜べた結果のお金をチャリティーとして被災地に届けい」と長田さんは来店を呼び掛ける。義援金は直接被災地に持参する予定。詳細はブログやフェイスブックで確認できる。

グローバルフォトニュース