食べる 見る・遊ぶ

叶匠壽庵、「ATARI MANJU」発売-大当たりの縁起物として

酒まんじゅうに的を焼き印、「矢で的を射抜いて食べる」という洗練されたデザインに楽しい趣向

酒まんじゅうに的を焼き印、「矢で的を射抜いて食べる」という洗練されたデザインに楽しい趣向

  •  

 叶匠壽庵(大津市大石龍門4、TEL 077-546-3477)は、12月18日、「ATARI MANJU(あたりまんじゅう)」を限定発売した。

射的場をイメージしたパッケージ

 今年度「まん中」をテーマに募集をされた、アートとデザインのコンペティション「Tokyo Midtown Award(東京ミッドタウンアワード)」で準グランプリを受賞した作品が、武蔵野美術大学基礎デザイン学科在籍中の鈴木萌乃さんデザインの「ATARI MANJU(あたりまんじゅう)」。大当たり(幸運)のシンボルとして用いられる「的」を饅頭にし、「矢の形をした楊枝でまん中を射ぬいて食べる」という縁起の良い作品を同社が商品化。鈴木さん監修の下、まんじゅう・楊枝・パッケージを作り上げた。

[広告]

 「的を射抜いて、願い事。おいしくて縁起のいいおまんじゅう」というユニークな発想と、「まん中を射ぬいたら願い事をして食べる」という食べ方まで提案している点が評価された鈴木さんの作品を、忠実に再現した同社。的は、古くからおめでたい時に飲まれる祝い酒の意味を込めて酒饅頭で表現し、的のまん中へ願いを込めて射ぬく矢の楊枝は竹素材を採用。

 「お茶のひとときに福をよぶ、縁起のよいお菓子として、正月・受験合格祈願・バレンタインデーなどの贈り物に最適。縁起物として、酒饅頭なのでおめでたい席で是非食べていただきたい」と広報担当の池田典子さん。「年賀としてまとめて買って行った会社などもある」という。

 5個入り1,260円。販売店舗は伊勢丹新宿店・泉北タカシマヤ店・ジェイアール名古屋タカシマヤ店・寿長生の郷(すないのさと、)。12月26日~仙台三越店・藤崎本店。販売期間は4月30日までの予定。