3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 学ぶ・知る

大津の野菜カフェで「チョコレートとコーヒーとアコースティック」イベント

グリーンキッチン店主の河合資(たすく)さんとカフェの前に設けている野菜無人販売のブース。「野菜は流通するから高騰する。ブースは作業場そのままのイメージでデザインした」と河合さん

グリーンキッチン店主の河合資(たすく)さんとカフェの前に設けている野菜無人販売のブース。「野菜は流通するから高騰する。ブースは作業場そのままのイメージでデザインした」と河合さん

  • 0

  •  

 大津の野菜カフェ「グリーンキッチン」(大津市大萱1、TEL 050-3696-9526)で1月19日、「チョコレート&コーヒー&アコースティックのトロける1日」が開催される。

ちんねんズ

 イベントを企画するのは同店店主でデザイナーの河合資(たすく)さん。野菜の無人販売などを手掛け「流通をデザインする」Mujin store(無人ストア)を運営している。「ローカルファーストオーガニックフード」を心掛け、近隣地域の無農薬農家、龍谷大学や立命館大学の敷地内で学生によって作られた野菜を直接仕入れている。「流通を介さないことで人件費をそぎ落とし、作る人と食べる人が得をする仕組みをつくりたい。大学生の就労支援にも」と河合さん。

[広告]

 当日は、滋賀を中心に活躍するアコースティックバンド「ちんねんズ」のライブをメーンに、アフリカ産を中心とした18種類のフェアトレード・チョコレートの試食ができる。「ガーナで起こっていることが滋賀でも起こっている」とテーマは野菜と共通する。チョコレートの試食も野菜の取り組みの中でつながった店によって実現した。

 「ちんねんズ」は、ケンジローさん(ボーカル・ギター) とナオキさん(ギター)によるアコースティックユニット。2012年夏より活動を始めて以来、軽バンに楽器を積み込み日本中を旅しながら100本以上のライブを重ね、反響を呼んでいる。

 同ライブは第2弾として、8月か9月に三宅洋平さんをメーンに迎えてのロックフェスの開催も予定している。各地のフェスに野菜のブースを出店した経験もあり、音楽・飲食・物販をそろえている。「滋賀の街中を巻き込んで開催したい」と意気込む河合さん。「うちがはやるといいと思う。円滑に回るサークルにみんな入ってほしい。意識を変えていきたい。スピードを持って行動する。勢いが人を引きつける」と目を輝かせる。

 開始時間は16時30分。料金は500円(1ドリンク付き)。ライブの開演は18時で、料金は投げ銭制。同店の営業時間は11時30分~21時。

Stay at Home