プレスリリース

【オプテックス】LTE-Mに対応した、新IoT無線ユニットを発売

リリース発行企業:オプテックス株式会社

情報提供:

 オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、2022年6月28日より、通信規格にLTE-Cat M1※1を採用したIoT無線ユニット『マルチコンバーター OWU-300Mシリーズ』(以下『マルチコンバーター』)の販売を開始いたしました。


 オプテックスのIoT無線ユニットは、既設のセンサーやスイッチを接続するだけでIoT化し、遠隔地からのセンサーデータや稼働状況の簡易モニタリングを可能にする製品です。本製品を活用した自治体や設備管理者向けのDX推進セミナーも開催し、モノ・コトの両面から現場課題の解決を支援してまいります。
マルチコンバーター
屋外使用可能 IPX5
既設の各種センサーをIoT化

■開発の背景
 全国各地の設備の老朽化や災害の激甚化進む中、オプテックスはこれまでにLPWA※2通信搭載のIoT無線ユニットを展開。遠隔での簡易モニタリングを通じて「人手不足解消」や「早期対応」といったソリューションを提供してきました。一方、これまで設備監視に広く使われてきた3G回線の停波が始まるなど、通信規格も変化してきています。
 そこで新たにLTE-Mに対応した無線ユニットを開発し、3G回線からの置き換えニーズや、既存の自社製品では通信が難しかった場所でのIoTソリューション拡大に対応します。


■マルチコンバーターの特徴
 LTE-Mの採用でより広域の通信に対応するだけでなく、接点・4-20mA・0-5Vそれぞれの入力に対応。3チャンネルの同時接続を可能とするなど、現場の細かな要求に応えるスペックを備えました。
 電池駆動・外部電源駆動の切り替えができ、電池駆動時には交換無しで約10年の長期利用が可能です(1日2回送信時)。また、イベントドリブン機能を搭載し、集中豪雨など刻々と状況が変化するシーンでは、一時的に高頻度な情報送信を実施できます。



■製品仕様



※1: LTE Cat M - 高速LTEの一部周波数帯域を利用する通信規格。LTEは欧州電気通信標準協会(ETSI)の登録商標です。 ※2: LPWA通信 - Low Power Wide Area-networkの略。省電力かつ長距離の無線通信技術の総称。
製品の詳細情報:URL: https://www.optex.co.jp/products/iot-device/owu-300m-310m.html

■DX推進WEBセミナーの開催について
 設備管理や災害対策のDX化に、「何から手を付けていいか分からない」「予算がない」といったお悩みをお持ちの方や、お客様に新たな提案を行われたい企業の方に向けて、より具体的な情報をご提供いたします。またこれ以降もセミナー等を通じて継続的に情報発信を行い、DX化の支援を通じて持続可能な社会作りに貢献してまいります。

【オプテックスのBusiness DX】
梅雨・ゲリラ豪雨・台風。今こそ気になる設備や水害の遠隔監視

~最新のIoT無線ユニットラインアップで叶える簡易モニタリング~
・開催日時 :2022年7月12日(火) 11:00~11:45
・お申込期限:7月11日 17:00迄
・お申込方法:当社ホームページよりお申込みいただけます
・参加費  :無料 定員100名(先着順)


 オプテックスは今後もセンサーを通じたビジネスであらゆる社会課題を解決し、世界中の皆様に安心・安全・快適な暮らしを提供してまいります。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース