3密を避けて新しい生活様式へ!

プレスリリース

「奥伊吹水力発電所」を建設開始!!CO2削減量「年間620t」!関西電力のグループ会社と「水力発電をスタート」へ!!

リリース発行企業:奥伊吹観光株式会社

情報提供:



【「水力発電」をスタート。滋賀県米原市でスキー場(グランスノー奥伊吹)の運営を行う奥伊吹観光と関西電力グループのKANSOテクノスと合同で「奥伊吹発電所」の新設運営へ。】
滋賀県米原市でスキー場(グランスノー奥伊吹)の運営を行う奥伊吹観光株式会社と関西電力のグループの株式会社KANSOテクノスが合同で、淀川水系・姉川支流 瀬戸谷川(滋賀県米原市甲津原瀬戸山124番地)に「奥伊吹発電所」の建設を開始。2020年2月14日設立の「奥伊吹水力発電合同会社」により、「水力発電事業」を開始致します。

【年間約450世帯分の電気を発電 CO2削減量 年間約620t】
奥伊吹発電所は「最大出力199kW」の水路式発電所で、年間発電電力量は「1350MWh」。「約450世帯分」の電気を賄え、「CO2削減量では年間約620t」を削減させることが出来るもので、地球にやさしい再生可能エネルギーを生成します。

【本年2月に新会社設立。7月より着工開始。約2年間の工事期間を経て「2022年6月に運転開始」予定】
本年2月に新会社を設立し、地元の建設同意、諸願書の許認可を得7月1日より建設工事に着手。約2年間の工事期間を経て2022年6月に運転を開始予定。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を活用して、発電した全電力を20年間、関西電力株式会社へ売電します。

【自社の年間電気使用量を超える年間電気発電量を実現。将来は自然エネルギーで自社施設の電力供給を目指す。】
今回の奥伊吹発電所が完成すれば、現在自社で運営する施設(グランスノー奥伊吹、グリーンパーク山東、グランエレメント等)で使用する年間電気使用量(1100MWh)を超える「1350MWh」の電力を確保する事が出来る為、再生可能エネルギーの固定買取20年の終了後には、発電所から起こす「水力の自然エネルギーで自社施設の電力を供給」することを目指します。


【50年に渡るスキー場運営の中で感じた危機感からゼロエミッション化を推進。SDGsが目指す社会の実現へ。】
50年に渡るスキー場運営の中で地球温暖化に伴う小雪化など、身近に危機感を感じた経験から「気候変動に対応する為、環境リスクの低減の必要性」を実感。現在建設する発電所の稼働により「水力発電による自然エネルギーの活用でCO2の排出をゼロ」にする事で、国連大学が提唱する「資源利用の最適化や廃棄物の最小化の促進」という「ゼロエミッション化」を推進。資源を循環させ、自然への排出をゼロにする努力で、社会・経済に便益と機会、成長をもたらすと同時に「環境負荷の低減」を図り、「SDGs」が目指す「持続可能かつクリーンで近代的なエネルギーへのアクセスを確保」を実現していきます。


【発電所の概要】
名  称      奥伊吹発電所
事 業 者      奥伊吹水力発電合同会社
出 資 者      奥伊吹観光株式会社 株式会社KANSOテクノス
所 在 地      滋賀県米原市甲津原瀬戸山124番地
水系・河川名    淀川水系・姉川支流瀬戸谷川
発電方式      水路式
最大出力      199kW
最大使用水量    0.25?/S
有効落差      105.0m
年間発電量      1,350MWh
CO2削減量     年間約620t

【奥伊吹水力発電合同会社 会社概要】
社  名  奥伊吹水力発電合同会社
設  立  令和2年2月14日
出資運営  奥伊吹観光株式会社 株式会社KANSOテクノス
所 在 地  滋賀県米原市甲津原530番地
電  話  0749-59-0322

【出資運営会社 公式HP】
奥伊吹観光株式会社(グランスノー奥伊吹)
https://www.okuibuki.co.jp/
株式会社KANSOテクノス
http://www.kanso.co.jp/

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home