プレスリリース

今シーズンの「グランスノー奥伊吹」は「12月19日」(土) に オープン決定!!キッズパークの広さを「2倍」に拡張!人工降雪機も増設し「全18基をフル稼働」へ!

リリース発行企業:奥伊吹観光株式会社

情報提供:

関西最大級の規模を持つ滋賀県米原市のグランスノー奥伊吹(旧称:奥伊吹スキー場)(https://www.okuibuki.co.jp/)の2020-2021シーズンのオープン日が「12月19日」(土) に決定!一昨シーズンの「日本最速」の「高速リフト」開業、昨シーズンの「女性専用トイレ」の新設に続き、今シーズンは「キッズパークを2倍の広さへ拡張」し広大なスペースの中でゆとりをもってそり遊びや雪遊び、ふわふわ遊具での遊びが出来るようにした他、「人工降雪機」1基を増やし、「全18基のフル稼働」で、お客様に今まで以上にお楽しみいただけるスキー場造りを目指します。



【スキー場は12月19日(土)オープン決定!】
今シーズンのグランスノー奥伊吹のスキー場オープンは12月19日(土)に決定。
この冬、ラニーニャ現象での冷え込みが期待される中、4ヵ月近いシーズン営業を目指します。





【キッズパークは広さを2倍へと拡張!トンネル付き動く歩道も2本設置される広大なスペースで雪遊びを!!】
「キッズパークは広さを2倍へと拡張」し、「トンネル付き動く歩道を2基設置」。ゆとりをもって遊べる広大なスペースを確保して、そり遊びや雪遊び、ふわふわ遊具での遊びが楽しめるようにしました。


【人工降雪機を増設!全18基をフル稼働させ安定したゲレンデコンディションの確保へ!】
昨シーズンの暖冬や雪不足の影響を踏まえ、今シーズンは「人工降雪機」1基をファミリーリフトの降り場に設置し、リフト降り場の積雪量を確保すると同時に、ファミリーゲレンデ~パラダイスゲレンデのゲレンデの繋ぎの箇所も増雪し、雪の途切れないゲレンデ造りを進めていきます。
 全18基の人工降雪機をフル稼働させることで「安定したゲレンデコンディションを確保」し、営業期間の長期化や様々な魅力UPを図る中で、お客様に今まで以上にお楽しみいただけるスキー場造りを目指していきます。



【グランスノー奥伊吹のトピックス】
・スキー場検索ランキング「全国1位」(ウェザーニュース スキー&スノボCh 2020年2月)
・日本最速の高速リフトを導入
・積雪量世界一の伊吹エリアに位置
・日本一の最大斜度46度コース
・関西最大級のスキー場
・大阪、京都、名古屋から2時間圏内、都市近郊型の抜群の立地
・日本トップクラスの年間10000人が受講するスキースノーボードスクール
・オリンピック選手を輩出したモーグルコース(ソチ、バンクーバー、トリノ3大会連続オリンピック日本代表 伊藤みき 滋賀県出身)
・2014年 最新の複合施設「センターハウス」開業(総工事費6億5000万円)
・駐車場2700台、レンタル2500セット、レストラン1350席を完備




【グランスノー奥伊吹の概要】
滋賀県の北部に位置し、関西最大級の規模と積雪量を誇るスキー場。京阪神・中京圏からのアクセスの良さと、標高の高さからの雪質の良さ、自然の地形を活かした全12コースで、日帰りのスキーヤー・スノーボーダーを中心にシーズン十数万人の来場者を集める。自社経営のスキー場という強みを活かし、スキー場に関わる全ての施設(索道施設、レストラン、レンタル、スクール、宿泊施設等)を自社で運営する。また、近年はリフトの新設、新コースの造成(最大斜度46度)、降雪機の導入、自動改札システム(ACS)の導入を行い、スキー不況が叫ばれているスキー場産業の現状を打開し更なる発展へと繋げていく為に、先端技術を取り入れた積極的な設備投資を行っている。

【施設概要】
施 設 名  グランスノー奥伊吹(旧称:奥伊吹スキー場)
運営会社  奥伊吹観光株式会社
住  所  滋賀県米原市甲津原奥伊吹
電  話  0749-59-0322

【グランスノー奥伊吹】
公式サイト   https://www.okuibuki.co.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/okuibuki

  • はてなブックマークに追加