見る・遊ぶ 暮らす・働く

びわ湖ホールで「なつフェス」-子ども向け演目、明和電機など

電機メーカー社員の衣装でユーモアあふれる電動楽器を演奏するアートユニット・明和電機による「メカニカルライブ」

電機メーカー社員の衣装でユーモアあふれる電動楽器を演奏するアートユニット・明和電機による「メカニカルライブ」

  •  

 びわ湖ホール(大津市打出浜)で8月2日・3日、子ども向けプログラム「なつフェス」が開催される。

シェークスピア人形も登場

 3回目となる同イベント。毎回内容を大幅に変えながら開催し、前回は8日間で延べ4472人が来場した。

[広告]

 8月2日には美術や照明、音楽を使わない京極朋彦さんによるソロダンス、子ども向けに演出したシェークスピア原作「ハムレット」の演劇のほか、日本センチュリー交響楽団の定期公演も共催する。8月3日にはイギリスの演出家ピーター・ブルックさんのドキュメント映画、ユーモアあふれる電動楽器を使った明和電機によるライブが開かれる。そのほか、入場無料のロビーコンサートや、シェークスピア生誕450周年を記念する展示、成安造形大学生による似顔絵などのワークショップも展開する。

 料金は一般と青少年(25歳未満)の2種類を用意し、プログラムによって異なる。詳しくはホームページで確認できる。