滋賀レイクスターズホーム初勝利-観客2,200人が熱い歓声

写真=「滋賀レイクスターズ」のプレシーズンゲームの様子。滋賀県立体育館。

写真=「滋賀レイクスターズ」のプレシーズンゲームの様子。滋賀県立体育館。

  •  

 08~09年シーズンの開幕が来月に迫ったバスケットボール「bjリーグ」のプレシーズンゲームが9月23日、滋賀県立体育館(大津市におの浜4)で開催された。

 試合は、今シーズンから同リーグに参入する滋賀レイクスターズ(大津市におの浜4)が今年3シーズン目となる富山グラウジーズを85-72で下し、ホームでの初勝利を収めた。試合終了と同時に2,200人の観客が立ち上がり地元チームの勝利に歓声を上げた。

[広告]

 試合は序盤、富山にリードを許す苦しい展開、第2クオーター終了時点で36-39と3点差。第3クオーターで小川伸也選手・石橋晴行選手などのディフェンスからペースをつかみ60-52と逆転すると第4クオーターでは町田洋介選手の3連続3ポイントシュートなどで得点を重ね、試合を決めた。

 ハーフタイムなど試合の合間にはチアリーダーが音楽に合わせてダンスパフォーマンスを披露し、会場全体を盛り上げる。観客もダンスに合わせて手拍子し「頑張れ」と声援を送るなど会場全体が一体となって同チームを後押しした。

 試合を観戦した地元中学生の吉田君は「目の前でみるプロ選手の迫力あるプレーに驚いた。観客の声援もすごかった」と興奮気味に話した。

 試合後、キャプテンの藤原隆充選手は「勝てたことはうれしいが試合内容には満足していない。課題点をしっかり練習し、10月11日の開幕戦では大阪エヴェッサに絶対勝つ」と力強く観客に向け誓った。

 開幕戦は10月11日、対大阪エヴェッサ戦。滋賀県立体育館で14時試合開始。