天気予報

12

8

みん経トピックス

大津で坊主めくり大会大津パルコ20年の歴史に幕

守山に「まちなか保健室ほっとcafe」 地域の身近な相談窓口に

守山に「まちなか保健室ほっとcafe」 地域の身近な相談窓口に

健康・医療・介護の情報を手に取って見られるスペース内の様子

写真を拡大

 「グランドメゾン」 (守山市浮気町)3号棟1階に「まちなか保健室ほっとcafe」がオープンして2カ月がたった。経営は福祉事業を手掛ける「あいむ」(守山市守山4丁目)。

地域交流を目的にサロンやイベントを開く

「健康・医療・介護」の相談窓口として地域に密着した交流の場や健康に暮らすための情報発信ステーションを目指し、「ゴムバンド体操」「骨盤ケア」「リラクセーションの体験会」「快眠チェック」などの講座やイベントを毎月開く同店。

 生活創造事業部の内藤景太さんは「在宅サービスを中心に、介護の相談や住まいの提供、在宅支援などを行ってきた。多くのお客さまと関わり訪問する中で、いざ家族が介護を必要とした時にどこに相談したらいいのか困ったという話を多く聞いており、何かできることがないかを模索してきた」と話す。

 「テナントのあるマンションも高齢化が進み、近くに頼れる相談場所がほしいという自治会からの要望もあり、今回この場にまちなか保健室をオープンした。現在、家族の介護を視野に入れている世代の方がふらっと相談に立ち寄られる姿もある。ちょっとした話かもしれないが、話せてよかったと帰られる姿がうれしい。毎月開催しているサロン、イベントの予約を電話で頂くことも増えた。地域の住民にあそこに行ったらちょっとした健康の事が相談できるという存在でありたい」とも。

営業時間は9時30分~18時30分。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセサリー、デコパージュ、布小物などの手作り作品が並ぶ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング