天気予報

11

5

みん経トピックス

草津川跡地公園で野外上映守山で自転車スタンプラリー

滋賀レイクスターズ、京都ハンナリーズに連勝

滋賀レイクスターズ、京都ハンナリーズに連勝

ゲームをコントロールする並里選手

写真を拡大 地図を拡大

 守山市民体育館(守山市三宅町)で11月4日・5日、プロバスケットボールBリーグ1部の滋賀レイクスターズ(以下、滋賀)が京都ハンナリーズと対戦し連勝した。

スターターに定着した高橋耕陽選手のシュート

 4日は今季最多の93得点で勝利した滋賀。5日は前半、リバウンドをものにできずリードを許すが、後半の京都の得点を29点に抑え、77対68で勝利した。

 開幕2試合目から6連敗し、一時は西地区最下位となった滋賀だが、連勝で6勝7敗とし、3位に順位を上げた。ショーン・デニスヘッドコーチは「後半に46得点と、点を取ることができるチームだと証明できた。チームとしての完成度は60~70%。いい兆しが見えている」と評価する。

 並里成選手は「タフな試合だったが、チームとして我慢し続けて勝利をつかめた。貴重な2勝だと思う。コーチは僕の可能性を最大限に出してくれるので、期待に応えたいと思って試合に臨んでいる。チームが苦しい時にこそ僕がやらないと、と思ってプレーしている。要所で得点できるのは、日頃練習で誰よりも努力して自信のある状態でコートに立っているから。僕は天才肌ではなく、努力家なので」と笑顔を見せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

おもちゃ、服、学用品などを交換する「くるくる交換会」も実施された
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング