見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

草津川跡地で「キッズフェス」 手作り市、アンパンマンショーも

登りながら組み立てる木製ジャングルジム

登りながら組み立てる木製ジャングルジム

  •  

 「春休みキッズフェスティバル」が3月24日、草津川跡地公園de愛ひろば(草津市大路2)で開催される。主催は草津まちづくり。

昨夏開催のイベントのようす(関連画像)

 同園は約7キロの草津川跡地を整備した公園で、琵琶湖から東海道新幹線沿線までを6区間に分け整備している。2017年4月に「ai彩ひろば」と「de愛ひろば」が開園した。

[広告]

 今回、開園1周年を前に子ども向けイベントを開く。草津市公認マスコットの「たび丸」の健幸(けんこう)体操や「それいけ!アンパンマンショー」などのステージショーと、手作り雑貨のマルシェなどを展開する。

 草津まちづくりの担当者は「子どもがトンカチを持って組み立てる木製ジャングルジムや公園で剪定(せんてい)した木に絵を描くワークショップや、新学期に合わせた雑貨や飲食物の手作り市も実施する。幅広い年代の方に楽しんでもらえるイベントになった」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は10時~16時。入場無料。