3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

守山で女性の起業応援セミナー 主婦ら「手持ち資源」生かすマネジメント講座

取り組んでいる事業について話す赤坂美保さん

取り組んでいる事業について話す赤坂美保さん

  • 68

  •  

 「女性・主婦のためのマネジメント講座」が11月13日、守山市立図書館(守山市守山)で開催された。

「女性・主婦のためのマネジメント講座」参加者と講師の赤坂美保さん

 女性の起業を応援するセミナー「My Branding School for woman」の2回目として開催。育児休暇中に大学院でMBAを取得し、「ぷちでガチ!育休MBA」を立ち上げた赤坂美保さんがマーケティングや財務会計、事業計画についてを講義した。滋賀県内の女性約30人が参加。

[広告]

 従来のマーケティングに加え、「自分は何が好きで、何を知っていて、誰を知っているか」を知ることから生まれる新しいマーケティングについて学び、参加者がそれぞれの「手持ちの手段・資源」から生み出せることについて考え、話し合った。

 赤坂さんは「偶然を生かして独自のものを作り出すことが必要。そのときの核になるのは情熱。予測しない事態が起こったら、方向転換してみたらいい。ティファニーやDHCのように方向転換をして成功した企業もある。私自身も7回転職して、方向転換してきた」と話す。

 守山市の横江亜矢子さんは「自分の人生が強みになるという言葉が印象に残った。今までの人生が無駄ではなかったと思えてよかった」と話した。

 甲賀市の木村みなさんは「県内各地で手形アート教室をしている。これからの仕事に役立てたいと参加した。自分のことを自分で気付いていくスタイルがよかった。妊婦さんの集まる場所を作って、作家がレッスンをする場をつくりたい。スクールに参加して、新しい出会いがあった」と話した。

 講座終了後はマイブランディングスクール特別顧問の清原(守山市古高町)の社長・清原大晶さんやワイン専門店「wine shop AZURE BLUE(アズールブルー)」(守山)の店主・佐々木祐哉さんなどを交えて交流会を実施。

 清原さんは「創業率が県内で一番多いのは、守山市。これからもマイブランディングスクールで起業を支援していきたい。リニューアルオープンした図書館でこのような講座を開催できてうれしい」と話した。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home