食べる

草津川跡地にイチゴ園 販売初日は1時間で完売

「はちみついちご」

「はちみついちご」

  •  

 「蜂蜜いちご農園」が12月15日、草津川跡地公園ai彩(あいさい)ひろば(草津市北山田町)にプレオープンした。

草津の新ブランド「はちみついちご」

 2019年3月にイチゴ狩りをスタートするのに先立ち、15日から草津市の新ブランド「はちみついちご」の販売を始めた。初日は販売開始1時間で100パックが売り切れた。

[広告]

 運営する大五農園(草津市若竹町)の野口真理子さんは「コクのある甘さと爽やかな酸味のバランスが取れたイチゴができた。4月にはカフェもオープンする予定」と話す。

 初日には橋川渉草津市長も激励に訪れ、「草津市内に開園する4園目のイチゴ園。イチゴを草津の名物にしたい」と話した。

 「はちみついちご」の店頭販売は毎日9時から。火曜定休。1パック800円。予約販売も実施。予約は電話(TEL 080-5787-9659)もしくはホームページで受け付ける。