食べる 学ぶ・知る

草津でお土産ワークショップ 地元産食材でクッキー作り

おみやげラボ所長の大塚さん

おみやげラボ所長の大塚さん

  •  

 草津の土産を作るイベント「草津のお野菜クッキーをつくろう」が3月17日、草津市立まちづくりセンター(草津市西大路)で開催される。

過去のイベントの様子(うばがもち作り)

 2016年、市内に住む大塚佐緒里さんが「草津おみやげラボ」を結成。大塚さんは「他県から引っ越してきて、どうして草津には日持ちがして海外にも持って行けるお土産がないのだろうと思い、ラボを立ち上げた」と話す。レシピを募集し、草津市役所でコンテストを実施。優秀賞に選ばれた青木ゆかりさんと共に試作品作りのワークショップを開催する。

[広告]

 地元の食材を粉末化し、クッキーにトッピングする。滋賀の米粉と国産小麦を使い、動物性食材は不使用。大塚さんは「食物アレルギーや宗教などの理由で食べられない人がいないように多くの人が食べることができる工夫をした」と話す。

 「楽しく食べることで、自分や大切な人に安全で優しい食材について考え、環境や地域についても考えるきっかけ作りになってほしい。お子さんから参加できるので、家族で参加してほしい」と呼び掛ける。

 大塚さんは「子育て世代、高校生、大学生、行政も巻き込んでお土産を作りたい。お土産を作る過程を楽しみ、皆の『お土産話』になればうれしい」と話す。

 開催時間は13時30分~15時30分。参加費500円。