新商品「ぬり絵Tシャツ」話題に-子ども服セレクト店「雅楽」が発売

写真=人気を呼んでいる「ぬり絵Tシャツ」。正面には人気の「てんとうむし」のデザインTシャツ。

写真=人気を呼んでいる「ぬり絵Tシャツ」。正面には人気の「てんとうむし」のデザインTシャツ。

  •  

 「世界にたった一つだけ」をコンセプトにオーダーメードの「手描きTシャツ」を販売している「雅楽(うた)」(大津市打出浜、TEL 077-527-7146)が10月から発売を始めた「ぬり絵Tシャツ」が話題を呼んでいる。

 同店は「和」と「ナチュラル」をテーマにした子ども服のセレクトショップで、2000年3月に大津パルコにオープン。

[広告]

 棚や建具に古材を用い、随所に「和」テイストを盛り込んだ店内に、「自分が親になって、既存の子ども服に違和感を感じた」と話す細井社長と店頭に立つスタッフ全員がセレクトした商品がずらりと並ぶ。中でも、細井社長が趣味でたしなんでいた「俳画」からヒントを得たという同社オリジナル商品「名前入り手描きTシャツ」は、専属の作家9人が1枚1枚手描きで作成したデザインに「名前」を入れるもので、年間10万枚を売り上げる人気商品になっている。

 今回発売した「ぬり絵Tシャツ」は、「手描きTシャツ」に続く「世界にたった一つだけ」アイテムの第2弾。柄は「スイミー」「てんとうむし」「数字」の3柄で、「自分で好きな柄を選んで、そこに付属の専用クレヨンで色を塗ったり、絵を描いたりして、自らの手でオリジナルTシャツを完成させる」(同)もの。サイズはXXS~Lの5サイズ展開。価格は3,045円~。

 細井社長は「大人になって、子どものころ何を着ていただろうと思い返した時に、一番先に頭に浮かんでくる服を作りたかった」と話す。「ぜひ親子で楽しみながら、思い出の服を作ってほしい」とも。

 営業時間は10時~20時30分。