見る・遊ぶ

大津の琵琶湖岸で無料の野外フェス 台風で中止乗り越えリベンジ

湖岸で音楽を楽しむ来場者(過去開催時の様子)

湖岸で音楽を楽しむ来場者(過去開催時の様子)

  •  
  •  

 「ナギサミュージックライフ2019」が5月18日、大津湖畔なぎさ公園「なぎさのテラス」特設会場(大津市打出浜)で開催される。主催はNagisa Music。

オリジナルTシャツを着る子ども(過去開催時の様子)

 「琵琶湖畔で最高の休日の一ページを作る」というコンセプトの下、2012年から開かれている野外フェスティバルで、2017年は大雨で途中中断、2018年は台風で中止となった。

[広告]

 Nagisa Musicの常国高史さんは「昨年は台風で全て流れてしまって悔しい限りだった。今年必ずリベンジしたいと、昨年と同じアーティストの皆さんに出演依頼をしたところ、出演を快諾してくれた。悔しさをばねにパワーアップしたイベントにしたい」と意気込みを見せる。

 出演者はシンガー・ソングライターの福原美穂さん、クラブジャズバンド「JABBERLOOP」ら昨年と同じ6組のほかに、新たにヒップホップグループの「韻シスト」を加えた7組。

常国さんは「5月の琵琶湖は気持ちいい風が吹き、緑も生き生きとしている。最高の季節に湖岸で音楽を楽しんでほしい」と話す。

開催時間は11時~19時。入場無料。雨天決行、大雨中止。

  • はてなブックマークに追加