食べる 見る・遊ぶ

琵琶湖畔で移動映画館イベント 星空の下、波の音聞きながら映画鑑賞

琵琶湖岸にスクリーンを設営する

琵琶湖岸にスクリーンを設営する

  •  
  •  

 琵琶湖の岸辺にスクリーンを設置する映画上映イベント「びわ湖の渚(なぎさ) 映画館2019」が5月26日、マイアミ浜オートキャンプ場(野洲市吉川)で開催される。主催はフローティングライフ(草津市志那中町)。

「BIWAKO DAUGHTERS」の琵琶湖の「むしチキンサンド」

 日本各地で移動映画館イベントを行っている「キノ・イグルー」がプロデュースする同イベント。琵琶湖の波打ち際に縦3.5メートル、横4.3メートルのスクリーンを設置し、日没後から映画「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」を上映する。

[広告]

 フローティングライフの中川善一さんは「琵琶湖の魅力を伝えるため、映画を使って非日常空間を演出し、地域活性化を目指したい」と話す。

 会場には琵琶湖産スジエビを使ったハンバーガーなどを提供する「BIWAKO DAUGHTERS」、甘酒や発酵スパイスカレーを提供する「ハッピー太郎醸造所」、コーヒーやクレープを提供する「JUNKIES」、創作居酒屋「Roji Roji」が飲食ブースを出店する。

 古本店「半月舎」とワインショップ「THREEE」による屋台「半月ワインバー」や、「おさんぽカメラ」による写真撮影、うなぎを炭火で焼いて琵琶湖の魚や地元野菜と共にバーガーを作るワークショップ、コーヒーの入れ方や飲み比べのワークショップも行う。

 中川さんは「湖岸の丘でワークショップや飲食を楽しみ、日没に向かって参加者の気持ちが重なって、映画を通じて一体感を得る空間になれば。琵琶湖を背景に、最高のロケーションで波の音を感じながら、星空の下、映画を楽しんでほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は15時~21時。入場料金は、大人=1,500円、子ども(3歳以上中学生以下)=500円。駐車場は要事前予約。ホームページから予約できる。

  • はてなブックマークに追加