見る・遊ぶ 暮らす・働く

近鉄草津店の子ども遊び場名前は「びわもくひろば」 イメージキャラも発表

イメージキャラクターの原画を描いた小学生と絵本作家のはやしさん、近鉄草津店の首藤店長

イメージキャラクターの原画を描いた小学生と絵本作家のはやしさん、近鉄草津店の首藤店長

  •  
  •  

 近鉄百貨店草津店(草津市渋川)4階の子どもの遊び場のネーミングとイメージキャラクターの発表会が8月24日、開催された。

イメージキャラクターと原案を描いた小学生

 4月に新設された子どもの遊び場のネーミングを募集し、528件の応募の中から「びわもくひろば」に決定した。同時に、県内の子どもからイメージキャラクターを募集。270件の応募の中から草津市内の小学2年生が描いた絵が選ばれ、原画を基に滋賀県在住の絵本作家の「はやしますみ」さんがキャラクターに仕上げた。

[広告]

 はやしさんは「おおらかで、ゆったり楽しくなる絵だと感じた。赤ちゃん、木、湖、滋賀の自然、全部の要素が入っているかわいいキャラクター。季節によって山や木の色が変わったら楽しいだろうなと想像も膨らんだ」と選考理由を話した。

 市内で子育て中の主婦の音楽グループ「ピアーチェ」によるコンサートの後、ネーミングとキャラクターの発表会が行われた。はやしさんによる絵本の読み聞かせの後、あんどん作りのワークショップを実施。親子10組が参加した。

  • はてなブックマークに追加