見る・遊ぶ

滋賀レイクスターズに元NBA選手 ジェフ・エアーズ選手レンタル移籍

ジェフ・エアーズ選手(滋賀レイクスターズ提供) © SHIGA LAKESTARS

ジェフ・エアーズ選手(滋賀レイクスターズ提供) © SHIGA LAKESTARS

  • 39

  •  

 Bリーグ1部の「滋賀レイクスターズ」は11月20日、ジェフ・エアーズ選手のアルバルク東京からの期限付き移籍を発表した。

 エアーズ選手は1987年4月29日、アメリカ生まれ。身長206センチ、体重109キロ。ポジションはパワーフォワード。2009年、NBAドラフト2巡目、全体31位でポートランド・トレイルブレイザーズに指名され、加入。2013-14シーズンはサンアントニオ・スパーズでNBA優勝を経験。NBAで6シーズン通算237試合に出場した。Bリーグには2017(平成29)年にアルバルク東京に移籍。トルコリーグ、琉球ゴールデンキングスを経て7月にアルバルク東京と契約したが、9月16日「B.LEAGUE EARLY CUP 2019 KANTO」の7分31秒の出場のみで、10月11日にインジュアリー(故障者)リストに公示された。メディカルチェックを終え、今週から滋賀に合流予定。契約期間は2020年5月31日まで。

[広告]

 エアーズ選手は「滋賀でプレーできること、素晴らしいファンの皆さんの前でプレーするのを楽しみにしている。エキサイティングなシーズンになると思うので、プレーするのが待ち遠しい」とコメントした。

 滋賀のショーン・デニスヘッドコーチは「エアーズ選手の情熱はチームにポジティブな力を与えてくれるだろう。オフェンス面で非常に優れ、インサイド・アウトサイドをこなす力を持っており、彼の高いバスケットボールIQはチームオフェンス遂行の大きな助けになってくれるはず」と期待を寄せる。

 滋賀の西村大介社長は「NBAでチャンピオンリングを獲得した経験をレイクスのステップアップに生かしてくれることを期待する」と話した。

Stay at Home