見る・遊ぶ

滋賀レイクスターズ天皇杯ファイナルラウンド初出場 初戦は三河戦

開幕前の滋賀レイクスターズ選手 シーズン中にクレイグ・ブラッキンズ選手とジェフ・エアーズ選手が加入

開幕前の滋賀レイクスターズ選手 シーズン中にクレイグ・ブラッキンズ選手とジェフ・エアーズ選手が加入

  •  
  •  

 第95回天皇杯全日本バスケットボール選手権大会ファイナルラウンドの組み合わせ抽選会が12月5日に行われ、滋賀レイクスターズは準々決勝でシーホース三河と対戦することが決まった。滋賀はファイナルラウンド初出場。

滋賀レイクスターズをけん引する齋藤拓実選手

 天皇杯は各都道府県の代表47チームとBリーグ35チームが参加し、トーナメント戦で行われる。滋賀は2次ラウンドから参加。11月30日にライジングゼファー福岡に83-61で勝利し、12月1日に琉球ゴールデンキングスに72-64で勝利。1月9日にさいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市中央区新都心)で開かれるファイナルラウンドへの出場を決めた。

[広告]

 三河に勝利すると、1月11日の準決勝でサンロッカーズ渋谷対レバンガ北海道戦の勝者と対戦する。決勝戦は12日に開催される。

 滋賀と三河は12月7日・8日にウカルちゃんアリーナ(大津市におの浜)で開催されるBリーグ第10節でも対戦する。

SmartNews Awards 2019