3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

草津の日本料理店が週末限定でテークアウトの海鮮丼 「食べて元気に」

「江州」が週末限定で提供する海鮮丼

「江州」が週末限定で提供する海鮮丼

  •  
  •  

 日本料理店「和彩創宴 江州(ごうしゅう)」(草津市志那中町)が5月17日、海鮮丼のテークアウトを始めた。

「江州」の天丼 シャリの上に厳選した天ぷらをのせる

 同店はコロナウイルスの影響で3月29日から営業を自粛していたが、5月21日から1日2組限定で各階貸し切り、換気、オゾン殺菌など対策をして営業を再開。再開に先立ち、4月入社の新入社員のアイデアで、17日・18日限定で海鮮丼(1,000円)のテークアウト提供を実施。エビ、マグロ、サーモン、イクラ、カズノコなどの海鮮をのせて提供した。社長の勝部裕史さんは「売り上げよりも、おいしい料理を食べて元気になってもらいたいという思いから始めた。海鮮丼を持って店を出られる時のお客さまの笑顔が印象に残っている」と話す。

[広告]

 23日・24日には天丼(900円)、6月6日・7日には海鮮丼の提供を予定している。勝部さんは「海鮮丼はその日に仕入れた質の良い魚を厳選して使っている。内容も日替わりなので、その度新鮮な魚を楽しんでほしい。天丼は、当社自慢のシャリと自家製だれを使い、天ぷらの素材も厳選して選んでいる。一般の天丼と少し違う天丼を味わっていただきたい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~21時30分。月曜定休。

Stay at Home