見る・遊ぶ 暮らす・働く

西川貴教さん滋賀県に寄付 イナズマロックフェスオークション売り上げを全額

「イナズマロックフェス2020」のチャリティーオークションの売り上げを寄付した西川貴教さんと三日月大造滋賀県知事©イナズマロック フェス 2020 実行委員会

「イナズマロックフェス2020」のチャリティーオークションの売り上げを寄付した西川貴教さんと三日月大造滋賀県知事©イナズマロック フェス 2020 実行委員会

  • 52

  •  

 滋賀県出身のアーティストの西川貴教さんが11月9日、三日月大造滋賀県知事を表敬訪問し、「イナズマロックフェス2020」のチャリティーオークションの売り上げ173万1301円を寄付した。

西川貴教さん、三日月大造知事、「タボくん」、「キャッフィー」©イナズマロック フェス 2020 実行委員会

 「イナズマロックフェス」は、西川さんが2009(平成21)年から烏丸半島芝生広場(草津市下物町)で開催している野外音楽フェスティバル。今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、9月19日に滋賀県庁の知事室からオンライン配信をした。

[広告]

 琵琶湖の環境保全と地域振興を目的として、2013(平成25)年から出演者が出品するチャリティーオークションを開催し、落札金は全額滋賀県に寄付している。今年は西川さん、175R、NMB48、BREAKERZ、LUNA SEAなど27組のアーティストがオークションに出品した。2013年からの寄付総額は753万501円となった。

 三日月知事は「イナズマロックフェスの開催や寄付だけでなく、琵琶湖の環境保全のための清掃活動への参加、地元事業へのご協力などに感謝している。『イナズマ良かった、楽しかった』だけでなく、未来につながるような活動やメッセージ発信していただいていることが、より皆さんの共感を生んでいるのだと思う」と感謝した。

 西川さんは「今年のイナズマはオンライン開催だったが、ポジティブに捉えれば会場の収容人数を気にせず、世界中の方に滋賀県を知っていただく機会となった。その分、来年のイナズマロックフェスは滋賀県に来て、滋賀県の素晴らしさに触れていただけるように頑張っていきたい」と来年の開催に向けての意気込みを見せた。

 イナズマロックフェス2021は2021年9月18日・19日に烏丸半島芝生広場で開催予定。