見る・遊ぶ

滋賀レイクスターズNBAユタジャズ・欧州1部経験のエリック・マクリー選手と契約

エリック・マクリー選手(写真提供:滋賀レイクスターズ)

エリック・マクリー選手(写真提供:滋賀レイクスターズ)

  • 19

  •  

 Bリーグ1部の滋賀レイクスターズが6月17日、エリック・マクリー選手の2022-23シーズンの選手契約を発表した。

[広告]

 マクリー選手は1993年12月20日米国生まれの28歳。202センチ、103キロ。ポジションはスモールフォワード・パワーフォワード。ルイジアナ工科大学からNBA Gリーグのスーフォールズスカイフォースに入団、NBAユタジャズで4試合出場し、Gリーグのソルトレイクシティースターズでプレーした。2018-19シーズンから2021-22シーズンはイタリアやフランス、トルコなどヨーロッパ各国の1部リーグでプレーした。

 滋賀のルイス・ギルヘッドコーチは「マクリー選手は良いシューターでもあり、ボールを持つと多くの場面でアドバンテージを生み出してくれる選手。彼の加入により、ボールシェアをして速いバスケットをするというチームのフィロソフィー(哲学)を今まで以上に体現できるだろう」と期待する。

 滋賀の八幡幸助アシスタントゼネラルマネジャーは「ジェイコブ・ワイリー選手に続いて、NBAでのプレー経験を持つマクリー選手と契約することができた。ヨーロッパで経験を積んできたオールラウンドプレーヤーで、フィジカルも強く、ポゼッションゲーム(オフェンスリバウンドを取り、相手チームのターンオーバーを誘い、ボールの保有権を増やし、攻撃の回数を増やす)という観点でもキープレーヤーになってくれる」と期待する。

 マクリー選手は球団を通して「クラブや日本のバスケットボールが素晴らしいということは聞いていた。新しいチームメート、スタッフ、そして滋賀レイクスターズのブースターに会えることを楽しみにしている」とコメントした。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース