買う

「滋賀文学祭」今年も作品募集-小説・短歌・川柳など10部門

昨年の「滋賀県文学祭」表彰式では高校生の受賞も

昨年の「滋賀県文学祭」表彰式では高校生の受賞も

  •  
  •  

 「第63回滋賀県文学祭」が作品、文芸出版物表彰を受け付ける。

審査員で文芸講演会講師の岡本光夫さん

 部門は小説(戯曲・脚本を含む)・随筆・童話・詩・作詞・短歌・俳句・川柳・冠句・情歌。いずれの部門も他のコンクール・同人誌・新聞などに未発表の応募者本人による作品に限る。出版物は、写真や絵を主にしたものやグループでの出版、電子書籍は該当しない。

[広告]

 結果は11月中旬に発表。11月23日に表彰式を行う。式典の中で随筆家・岡本光夫さんによる文芸講演会も予定する。

「若い人の文学離れが言われているが、昨年は高校生の受賞者もいた。滋賀には歴史的にも多くの文芸作品が生まれた豊かな風土がある。2015年の全国高等学校総合文化祭は滋賀で開催予定のため、高校文芸部の掘り起こしにも力を入れている」と審査員も務める岡本さん。

 応募受付期間は7月1日~8月31日。募集要項などはホームページで確認できる。応募料は作品1部門につき1,000円(出版物は無料)。

  • はてなブックマークに追加