3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

BIWAKO大津 湖上イルミネーション点灯式―びわ湖もライトアップ

桟橋から湖岸を望む。びわ湖に浮かびライトアップする「アクアツリー」(手前)、湖岸に並ぶ「パイプツリー」(奥)

桟橋から湖岸を望む。びわ湖に浮かびライトアップする「アクアツリー」(手前)、湖岸に並ぶ「パイプツリー」(奥)

  • 0

  •  

 「BIWAKO大津 湖上イルミネーション、冬物語 アクアスター・クリスマス」の点灯式が、11月23日、びわ湖のほとりのなぎさ公園おまつり広場(大津港周辺)で今年も行われた。

イルミネーションのトンネル

 「食と灯りの祭2013」のフィナーレを飾る同イルミ。点灯式では、実行委員長の福井美知子さんが「クリスマスのかけがえのないびわ湖の美しさ、大津の良さを知ってもらいたい」とあいさつ。実行委員会のメンバーらが点灯ボタンを押すと、場内のイルミネーションが一斉に点灯し歓声が上がった。

[広告]

 点灯後、ミュージシャン「~Lefu~」による「琵琶湖周航の歌」などのライブが行われ、ホットワインや焼きそばなどの屋台もにぎわった。

 大津倶楽部によるオリジナルのイルミネーションの数々に参加者は「きれい」と声を上げ、写真を撮るなどして楽しんだ。カメラ教室の授業の一環で来た京都府の山本美希さんは「初めて来た。京都にはないびわ湖のイルミネーションがとてもきれい」、東近江市の猪田恭子さんは「県内でも離れているので来たことがなかった。見ているのが楽しい」と目を輝かせ、持参した動物のマスコットとイルミネーションのコラボ写真などを撮っていた。

 開催時間は日没~22時。12月25日まで。

Stay at Home