食べる 暮らす・働く

琵琶湖汽船新企画「汽船deおでん」-びわ湖大津館でおでん食べ放題

大津港から出港する「汽船deおでん」往路は乗船前に滋賀の地酒のワンカップか缶ビールが振舞われる

大津港から出港する「汽船deおでん」往路は乗船前に滋賀の地酒のワンカップか缶ビールが振舞われる

  •  
  •  

 琵琶湖汽船(大津市浜大津5)は現在、びわ湖大津館(柳が崎)レストランでおでんの食べ放題が付いた新企画「汽船deおでん」を提供している。

食べ放題のおでん屋台

 大津港から高速船ランシング号に乗り、同館最寄りの柳が崎湖畔公園港に75分間停留する運行をセットにしたもの。同グループ京阪電車(石山坂本線)の人気企画「おでんde電車」と開催期間を合わせて実施するユニークな企画。

[広告]

 電車企画は予約が取れないほどの人気ぶりだが、汽船企画はおでんの食べ放題という差別化を図っており「電車の予約が取れなかった場合の受け皿として、びわ湖の夜景も楽しんでいただければ」と船舶営業部お客様サービスセクションの森香子さん。森さんは、電車のキャラクター「おでんでん」に対して汽船の新キャラクター「でんこちゃん」の発案者でもある。朝日放送のアニメ「がんばれおでんくん」もコラボキャラクターとして使用している。

 おでんの具材は、大根、ちくわ、玉子、牛すじなどに加え、変り種として滋賀名産の赤こんにゃくやミニトマト、ホタテ貝など10種類を用意する。セットメニューとして、レストランの定番であるじゃがいものフリッターや漬物、ごはんの食べ放題、ドリンク券4枚と乗船前に振舞われる滋賀の地酒のワンカップか缶ビール1本が付いている。

 料金は3,500円。提供期間は月曜を除く3月15日まで。大津港18時26分発、20時10分着。最大定員40人。要予約。

  • はてなブックマークに追加