買う

守山で手作り市 茶わん入る三角給食袋などアイデア作品並ぶ

三角給食袋を持つ佐々木さん

三角給食袋を持つ佐々木さん

  •  
  •  

 手作り市「モリーブマルシェ」が2月8日・9日、ショッピングセンター「モリーブ」(守山市播磨田町)で開催される。主催はカラーショップPolka-Dot(ポルカドット・草津市南草津)。

モリーブマルシェ チラシ

 同店店主の佐々木仁美さんは、2011年から滋賀県内各地の手作り市に出店し、2014年6月に自宅内に店をオープンした。手作り市などで出会った作家に声を掛け、昨年より同マルシェを開催している。佐々木さんは「自分の好きなものやこだわりの作品を『いいね!』と共感してもらえることや、作品を喜んでもらえることが目標。同じ思いを持った作り手でハンドメードイベントを開催したいとモリーブに働き掛け、実現した」と話す。

[広告]

 佐々木さんはオリジナル作品「三角給食袋」などの入園・入学準備グッズを販売する。「守山市や大津市の小学校は給食にご飯茶わんを持参する。お茶わん、コップ、箸箱などがピッタリ入るサイズにした。巾着ではなくファスナーで、ひもが短く、ランドセルの横でぶらぶらしない。お客さんの声を聞いて、子どもが使いやすいように改良している」と話す。

 マルシェには2日間で43人の作家が出店する。「イベント出店経験10年の人から、初めて出店する人まで、ジャンルもテイストもさまざまな作品が並ぶので、お気に入りを見つけてほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は両日とも10時~16時。問い合わせはカラーショップPolka-Dotまで。

  • はてなブックマークに追加