見る・遊ぶ

栗東のアウトドアパークに新子ども向けコース 森の自然感じてほしい

ジップスライドで滑走する子ども

ジップスライドで滑走する子ども

  •  
  •  

 アウトドア施設「フォレストアドベンチャー・栗東」(栗東市観音寺字平谷)に4月27日、身長110センチ以上の子どもに向けた新コース「キャノピーコース」がオープンした。

森の木を生かしたコース

 「フォレストアドベンチャー」(山梨県富士河口湖町)が展開する森の地形や自生している木を生かしたフランス発祥の「自然共生型アウトドアパーク」。専用のハーネス(安全具)を装着し、つり橋や綱渡り、ボルダリング、空中を滑走する「ジップスライド」などのアクティビティを体験する。

[広告]

 通常の「アドベンチャーコース」は小学4年以上もしくは身長140センチ以上の子どもと大人のみが体験できるが、アドベンチャーコースより高さと難易度を低く設定した身長110センチ以上の子どもが体験できる「キャノピーコース」をオープンした。

 同施設の林優里さんは「ハーネスを着用し、安全講習を受けてから体験するので、大人も子どもも安全に楽しめる。元の自然を生かしたコースで、森の自然を感じてほしい。子どもたちには自然に触れて好きになってもらいたい。家族で楽しみながら体験してもらえれば」と話す。

 営業時間は9時~15時。料金は、アドベンチャーコース=3,600円、キャノピーコース=2,600円。

  • はてなブックマークに追加