3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う

「祭のない滋賀の夏」に江州音頭ビールを 県内のローソンで販売

江州音頭をイメージしたビール「ドッコイサワーエール」

江州音頭をイメージしたビール「ドッコイサワーエール」

  • 59

  •  

 滋賀県の盆踊りに用いられる音頭「江州(ごうしゅう)音頭」の普及活動を目的としたビール「ドッコイサワーエール」が8月7日から、滋賀県内のローソン加盟店で販売される。

江州音頭を踊る人たち

 祭りのためのクラフトビールを醸造しているヒノブルーイング(蒲生郡日野町大窪)が制作醸造した。「暑い夏の夕涼み刻、江州音頭で乾いた喉と体を癒やす一杯」をテーマに、低アルコール(4.5%)で麦芽とホップの香りに、きりっとした酸味が特徴。江州音頭の合いの手「ヨイト ヨイヤマカ ドッコイサノセ」から名付けた。

[広告]

 江州音頭普及会(大津市京町)事務局長の中山義彦さんは「江州音頭は、各地の夏祭りや納涼祭には欠かせない楽しみの一つであり、多くの県民の皆さまから愛され守られてきた滋賀の財産。しかし、歌い手の高齢化に伴う後継者不足など問題も抱えている。加えて、今年は新型コロナウイルスの影響により、江州音頭を披露する場は軒並み中止を余儀なくされた。そのような状況の中、『江州音頭の無い滋賀の夏』にでもできる活動はないか、どうしたら多くの方々に江州音頭の存在を知ってもらえるかを考え、『ドッコイサワーエール』を販売することになった」と振り返る。

 ビール瓶の裏面にQRコードを付け、江州音頭の映像資料にアクセスできるようにした。「ビールが江州音頭を見るきっかけになり、踊ることのできる人を増やし、継承につながれば」と話す。

 価格は650円。3,000本限定販売。

ピックアップ

Stay at Home