3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く

西武大津店閉店 創業者の出身地で44年、最終日は2万5000人来店

閉店した西武大津店には「44年間のご愛顧、誠にありがとうございました」の横断幕が掲げられた

閉店した西武大津店には「44年間のご愛顧、誠にありがとうございました」の横断幕が掲げられた

  • 9

  •  

 西武大津店(大津市におの浜)が8月31日、閉店した。最終日は2万5000人が来場し、44年間地元に親しまれた百貨店に別れを告げた。

店長の宮島潤さんからのメッセージが掲示された

 10時の開店前から550人が列を作った。店内では閉店セールが行われ、なじみの店にあいさつに行く人もいた。西武グループ創業者の堤康次郎さんが滋賀県出身だったことから、西武百貨店の中でも初期の1976(昭和51)年に開店。県内では1997(平成9)年に近鉄百貨店草津店(草津市渋川)が開店するまで県内唯一の百貨店だった。

[広告]

 地元のファミリー層に愛され、「子どもの頃連れてきてもらった」「ドーナツは思い出の味」「初めてアルバイトをした」「子どもと一緒に『育ママセンター』に通った」など、多くの人の人生と共に44年間営業してきた。1階に設置されたメッセージボードには「西武がなくなったらさみしい」「閉店しないで」など、閉店を惜しむ声も貼られていた。

 2017(平成29)年には隣の大津パルコが閉店。パルコ閉店時に西武大津店に移転したセレクトショップの「ルイーズ・ドゥ」は、パルコ跡に開店した「Oh!Me大津テラス」に再度移転する。同店を運営するBBC&Co.の田中成欣さんは「パルコ、西武と17年間大津でやってきた。開店当初と気持ちは変わらず、地域のお客さまにサービスを続けていきたい。最終日にはたくさんの常連のお客さまが来てくださった。大津店スタッフの努力が種をまき、芽が出て、花が咲いた結果だと思う。また大津テラスで花を咲かせたい」と話した。同店のほか、化粧品販売の「パウダーパレット」や子どものスポーツスクールの「T&S健康スポーツ研究所」などが「Oh!Me大津テラス」に移転する。「Oh!Me大津テラス」は4階と2階を9月18日にリニューアルオープンする。

Stay at Home