大津に初の立ち飲み居酒屋-昼はランチ提供で二毛作営業

写真=立ち飲み居酒屋「雷恩」

写真=立ち飲み居酒屋「雷恩」

  •  

 大津市内で初となる立ち飲み居酒屋「雷恩(らいおん)」(大津市梅林1、TEL 077-524-1069)が6月、大津駅前にオープンして2カ月が過ぎた。

 同店は、「滋賀県には大阪、京都のように立ち飲みできる場所がない。ちょい飲み感覚で飲めるところがあれば」という磯田店長の思いから、これまで営業していた膳所(ぜぜ)駅前から移転してきた。昼は日替わり丼ランチを、夜は「立ち飲み居酒屋」として「二毛作営業」を行う。店舗面積は8坪で、昼=9席、夜=15席を設ける。

[広告]

 夜のメニューは、「生ビールセット」(枝豆・串かつ3本、500円)や、「いっチャイナセット」(ギョーザ・とり唐・ザーサイ・生ビール、500円)を提供するほか、生レバー(320円)、タンすじ(420円)、オリジナルの山芋ステーキ(500円)の定番メニューと「今日のおすすめメニュー」など約30種類を用意する。アルコールもビールやチューハイ、梅酒、下町ハイボール、日本酒、焼酎など豊富にそろえる。こだわりのワンカップ(420円~)は20種類以上を用意。

 昼は、日替わりで「ホイコーロー丼」(525円)、「牛ヘレステーキ丼」(880円)など3~4種類の丼物を用意しテークアウトもできる。立ち飲みの客単価は1,800円~1,900円。

 磯田店長は「滋賀県内でも初かもしれない。立ち飲みの文化がない滋賀県で少しでも浸透し、仕事帰りにちょっと寄ってもらえるような店にしていきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は、昼=11時~14時、夜=16時~23時。日曜・祝日定休。

「居酒屋いとい」が石山に2号店-滋賀の地酒にこだわり(びわ湖大津経済新聞)

大津に「ぼちぼちカフェ」-地産有機野菜使った家庭料理中心(びわ湖大津経済新聞)渋谷に「北海道海鮮」立ち飲み店-東横線の既存2店舗を集約(シブヤ経済新聞)都島の住宅街に立ち飲み店-家事・仕事を終えた主婦が集う(京橋経済新聞)