暮らす・働く

「草津宿場まつり」開催迫る-地元出身有名人のフェスも

橋川渉草津市長を表敬訪問した「篤姫」役などの時代行列の主要キャストと実行委員

橋川渉草津市長を表敬訪問した「篤姫」役などの時代行列の主要キャストと実行委員

  •  

 日本最大級の宿場で知られる草津宿本陣(草津市草津1)を中心に4月27日、第46回「草津宿場まつり」が開催される。

現在も風情を残す草津宿本陣

 昨年は8万人を動員した同イベント。今回初の取り組みとして、メーンイベント「時代行列」(11時30分~14時30分ごろ)に篤姫が輿(こし)入れした徳川家定も新たに登場するほか、篤姫と共に山車(だし)に乗って目立たせるようにした。豪華な衣装を身に着けた152人の市民有志が草津市役所から草津本陣までを練り歩き、口上やお伴女中・女官による手踊り、奴(やっこ)衆による奴ぶりを披露する。

[広告]

 時代行列で篤姫役を務める田上美希さんは「滋賀で貢献しようと活動してきたが、毎年参加していた地元の宿場まつりで篤姫役をできて感激している」と笑顔で話す。3月に会社員を辞め、ダンサーを目指してレッスン中だという。他の主要キャストも、幾島役の前原薫さんは主婦、和宮役の倉恒夏希さんは大学生、島津斉彬役の吉﨑健さんは医師、徳川家定役の山田正人さんは税理士とバラエティーに富んでいる。同まつり企画立案・実施の日下晃郎さんは衣装に携わって17年。「単なる衣装行列ではなくショーを企画しているので、衣装も毎年違う絢爛(けんらん)豪華なものを使っている」と意欲を見せる。

 時代行列の主要キャストと実行委員会の表敬訪問を受けた橋川渉(わたる)市長は「東海道と中山道が交わった草津宿は今も交通の要衝としての役割は変わらない。さらににぎわいあるまちづくりをしていきたい。草津は出会いの街、市民、出身者、遠方からの観光客などで活発な交流をしていただければ」と期待を込める。

 市制60周年記念関連事業として、昨年結成された同市出身の有名人から成るPRチーム「KUSATSU BOOSTERS」による「KUSATSU BOOSTERS FESTIVAL」が草津アミカホールで開かれる。お笑い芸人のムーディー勝山さん・ファミリーレストラン、ご当地アイドルグループのフリルフルールを中心に歌、ダンス、オークションなどを披露する。開催時間は14時~16時。入場無料。

 そのほか、草津パレード、物産店・味処・子ども向けのわんぱく体験コーナーなどのブース、3つのステージを使った音楽ライブなどのパフォーマンス、草津薪能の夕べも予定。プログラムの詳細はホームページで確認できる。