見る・遊ぶ

滋賀レイクスターズ・シェーファーアヴィ幸樹選手、Bリーグオールスター初出場

Bリーグオールスター初出場が決まった滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手

Bリーグオールスター初出場が決まった滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手

  •  
  •  

 滋賀レイクスターズのシェーファーアヴィ幸樹選手が2020年1月18日に北海きたえーる(札幌市豊平区豊平)で開催される「Bリーグオールスターゲーム 2020 in HOKKAIDO」に出場することが発表された。

205センチの高さを生かしたプレーが得意なシェーファーアヴィ幸樹選手

 Bリーグのオールスターゲームは、シーズンの最終順位を基にB1所属の18チームを「Bブラック」と「Bホワイト」に分け、ファン投票で出場選手を決定する。滋賀は千葉ジェッツ、琉球ゴールデンキングスなどと共に「Bホワイト」として出場。各チームファン投票で選ばれた5人と、リーグ推薦の6人、SNS投票の1人の12人が出場する。滋賀はクラブ別の投票数で11位となり、推薦枠を1枠獲得。チームトップの投票数のシェーファー選手の出場が決まった。シェーファー選手はオールスターゲーム初出場。ダンクコンテストにも出場する。

[広告]

 シェーファー選手は1998(平成10)年1月28日生まれの21歳で、高校生のときにバスケットを始め、2016(平成28)年に18歳以下の日本代表に選出。今年8月にはA代表に選出され、ワールドカップに出場した。

 シェーファー選手は「まさか自分がオールスターに出場できるとは思っていなかったが、選んでいただいたからには存分に楽しんで、会場を盛り上げられるように全力で頑張る」とコメントした。