3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「びわ湖の日」にミシガンクルーズ再開へ 琵琶湖観光の新たなスタート

琵琶湖を周遊するクルーズ船「ミシガン」

琵琶湖を周遊するクルーズ船「ミシガン」

  • 34

  •  

 琵琶湖汽船(大津市浜大津)が7月1日、ミシガンクルーズの運航を再開する。

ミシガンランチボックス(1,500円)

 新型コロナウイルスの影響で4月23日から全クルーズを運休。5月30日から段階的に竹生島クルーズを再開した。毎年3月に実施している「びわ湖開き」から琵琶湖の観光シーズンは始まるが、今年は中止になった。琵琶湖汽船の高橋佐智子さんは「『びわ湖開き』も中止になり、琵琶湖観光のスタートが切れなかったので、滋賀県民がびわ湖を大切に思い行動をする7月1日の『びわ湖の日』をミシガンクルーズ運航再開の目標にしようと、準備を進めてきた。『びわ湖の日』に気持ちを新たに琵琶湖観光のシーズンのスタートができれば」と話す。

[広告]

 ミシガンクルーズは船内で音楽ライブショーやビュッフェスタイルの食事を楽しめるクルーズだが、当面の間、音楽ライブを中止し、観光案内のみにする。ビュッフェ料理・コース料理の提供を中止し、ランチボックスのみ提供する。そのほか、運航ダイヤ・航路を変更し、乗船時間を80分から60分に短縮。乗船人数を旅客定員の3割程度にするなどの新型コロナウイルス対策を取る。

 高橋さんは「ミシガンは自転車と同じ位の速度でゆっくりと進む。のんびりした時間が流れる中、開放的な船上デッキからは琵琶湖の美しい景色や比叡山・坂本の街並みをご覧いただける。リラックスした時間をお過ごしいただきたい」と呼び掛ける。

 大津港発着の回遊コースの料金は大人=2,000円、学生=1,500円、小学生=1,000円。31日までは滋賀県在住または在勤者のみ大人=1,500円、学生=1,200円、小学生=800円になる「滋賀県民限定割引キャンペーン」を実施する。事前予約制。

ピックアップ

Stay at Home