食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

セトレマリーナびわ湖で「食について話す会」-滋賀づくしのイタリアン

なでしこファーマーズ会長の辻村琴美さん。「MOH(モー通信)」トレードマークの牛の「着ぐるみ」でアピール

なでしこファーマーズ会長の辻村琴美さん。「MOH(モー通信)」トレードマークの牛の「着ぐるみ」でアピール

  •  

 守山のホテル「セトレマリーナびわ湖」(守山市水保町)で2月15日、滋賀県産食材のイタリアンを食べながら「食について話す会」が開かれる。

「ミア・アルベルゴ」ランチメニューのパスタ

 県農政課の支援を受け、会長の辻村琴美さん(新江州『MOH(モー)通信』編集長)が女性起業家応援のために立ち上げた「なでしこファーマーズ」が主催。メンバーは、大澤恵理子さん(ローザンベリー多和田)、池田喜久子さん(池田牧場)、岩田康子さん(ブルーベリーフィールズ紀伊國屋)など食を手がける女性社長や農作・畜産物生産者で「個性的な魅力を持つ」女性たち。棚田などを研究するアドバイザーの京都府立大学・中村貴子教授の協力もあり、国の助成金を受けた。「頑張ってきた先輩たちの火種を消したくない。DNAを受け継いでほしい」と辻村さん。「彼女たちの生き方はすごい。自分の悩みがちっぽけに思えるほど。食についてだけでなく人生についても考え、道を見いだせるのでは」とも。

[広告]

 開会に当たり、「『びわ湖をめぐる物語』とともに育つホテルを目指して」と題し、同ホテルの企画ディレクター・菊池玲奈さんによる同イベントのコンセプト紹介と館内見学ツアーを行う。「地域の光の当たっていない所に光を当てたい。遠くて交流できない県内の情報を集めて、一つのメニューにちりばめたい。湖南市の伝統野菜『弥平とうがらし』を使う予定」と意欲を見せる。

 メーンイベントとして、ホテルレストラン「ミア・アルベルゴ」の吉村透シェフが滋賀県産食材を使って考案に協力したイタリアンランチ「なでしこ特別ランチコース」の披露&意見交換を行う。「会で新メニューや商品開発の仕掛けの場・ネットワークをつくりたいとみんなが思っている。まずは食べておいしいと思ってもらえれば」と参加を呼び掛ける。

 開催時間は10時30分~14時30分。料金は5,000円(コース料理の代金を含む)。定員50人。問い合わせ・申し込みはなでしこファーマーズ(TEL 075-708-8061)まで。締め切りは2月9日。