食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

大津パルコ跡に「Oh!Me大津テラス」 パンのセレクトショップやFM局スタジオなど

Oh!Me大津テラス外観イメージ

Oh!Me大津テラス外観イメージ

  •  

 4月27日、大津パルコ跡に「Oh!Me(オーミー)大津テラス」(大津市打出浜)がオープンする。

Bon Appetit(ボナペティ)の店内イメージ(関連画像)

 大津パルコは、2016年10月にアーク不動産(大阪市中央区今橋2)が土地と建物の譲渡を受け、昨年8月31日に閉店。新しい商業施設が開店することが決まっていた。

[広告]

 3月27日、商業施設の名前が「Oh!Me大津テラス」となることが発表された。若者のファッションに特化したパルコから大きく方向転換し、幅広い世代が毎日訪れ、「第3の居場所」となるような地域密着型の施設を目指す。1階にはスーパーマーケットのフレンドマートが出店。家電量販店やレストランなどのほかに、滋賀県内の20店舗以上から集めたパンを販売する「Bon Appetit(ボナペティ)」が出店。各店舗のパンと合わせて、県内の名産品も提供する。

 韓国式かき氷「MOGOMOGOパッピンス」のテークアウト専門店や滋賀県初出店の肉ビストロ「ココロ焦がれ」などの飲食店も多く、パルコ閉店後も営業を続けていた「ユナイテッド・シネマ」も継続する。

  FM滋賀のサテライトスタジオが復活し、ラジオの公開録音を再開する。編成制作部の糸井孝実さんは「サテライトスタジオは文化の発信基地でもあり、リスナーと直接接することのできる場所。再開できることを喜んでいる」と話した。