学ぶ・知る

草津市の病院で育児サークル 地域の皆で子育てを

仕上げ磨きの練習をする谷川さん親子

仕上げ磨きの練習をする谷川さん親子

  •  

 KUSATSU応援プロジェクト「育児サークル はぐはぐ」が8月31日、草津総合病院(草津市矢橋町)で開催された。

歯科衛生士の話を聞く参加者

 院内保育所「とっと」の鍋島美千子園長は「草津には大阪、京都から引っ越してきた人も多く、地域に知っている人が少ない中で子育てをしているお母さんがたくさんいる。子育ての孤立を防いで、『皆で子育てする』ことを目的に今年6月にスタートした」と話す。

[広告]

 1、2回目は参加者の交流を図り、3回目となったこの日はサンスター(大阪府高槻市)の歯科衛生士を招いて「オーラルケアについて」の講座を開いた。13組の親子が参加し、口の中の虫歯菌の量を調べ、歯磨きの仕方を学んだ。赤ちゃんの仕上げ磨きの仕方の指導もあり、市内から参加した坂本みず穂さんは「講義だけでなく、実践的なことを教えてもらえた。子連れで参加できて、歯の専門家に相談ができる機会はあまりないので、参加してよかった」と話した。

 鍋島さんは「ネットで情報は得られるが、実際に顔を見てしゃべることが大切だと思う。助産師、保育士、歯科衛生士がいるので、聞きたいことを自由に質問してほしい」と話す。

 次回は9月28日で、手遊びなど親子で楽しめるプログラムを行う予定。開催時間は10時~11時30分。参加無料。事前申し込みが必要。