南草津のパン店が「竹炭パン」販売-市花「あおばな」も材料に

写真=「竹炭」の入った食パンとフランスパン

写真=「竹炭」の入った食パンとフランスパン

  •  
  •  

 「おいしく、体に優しいパン」をモットーに、無添加の材料を使ったオリジナルのパンを製造・直販しているパン店「パン工房らずべりぃ」(草津市橋岡町、TEL 077-562-1180)が、竹炭を生地にブレンドした「竹炭パン」を販売している。

パン工房らずべりぃオーナーの橋本寿江さん

 「以前に食べた竹炭を使用したスイーツの味に感動し、自分流の食べやすい竹炭パンを作ろうと思った」と開発のきっかけを話すオーナーの橋本寿江さん。モッチリした弾力のある黒いパン生地が特徴で、味はチョコとバニラの2種類。価格は1山660円。

[広告]

 橋本さんは「真っ黒で一見苦そうだが、竹炭自体は無味無臭」と話し、「竹炭には約200種類のミネラルが含まれ、体臭などの臭いを消してくれたり、食べた分のカロリーを20%カットしてくれたりするなどさまざまな効果がある」と健康食としての一面もアピール。さらに今年から、材料に草津市の花「あおばな」も採用した。「あおばなにはインフルエンザや動脈硬化の予防となる成分が含まれている」と竹炭との相乗効果に期待する。

 橋本さんは「黒い色のパンの味が想像つかず、最初はちゅうちょするが、一度食べるとリピーターになるお客さまが多い」と話し、「トーストはもちろん、ケーキのように生クリームを添えたり、冷やしたりしても楽しめる。ぜひ食べてみてほしい」とも。

 営業は7時からで、パンが売り切れ次第終了。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加