食べる 見る・遊ぶ

満月の日に野洲市の琵琶湖岸でマルシェ 夏休み最後の思い出に

「コルドンブルー」を渡すNaturemianの佐藤江美さん

「コルドンブルー」を渡すNaturemianの佐藤江美さん

  •  

 「満月マルシェ 満月盆祭り2018」が8月27日、マイアミ浜オートキャンプ場(野洲市吉川)で開かれた。

「BIWAKO DAUGHTERS」の「びわ湖の蒸しチキンバーガー」と「びわ湖のシャカシャカサラダ」

 イラストレーターのちゃたさんが「月に一度の満月の日にみんなの笑顔が集まる手作り市を開きたい」との思いから、2013年から毎月、琵琶湖岸でマルシェを開催。今回は夏休みの特別企画として夕方から夜にかけて行った。

[広告]

 ふなずしのご飯に一晩漬け、あぶり焼きにしたチキンを挟んだ「びわ湖の蒸しチキンバーガー」や、アユの塩焼き、炭焼きビーフステーキ、豆乳みそのタンタン麺、豚肉のカツレツ「コルドンブルー」などのフードブースや、アクセサリー、洋服、木製スピーカーなどの雑貨ブースなどが出店。

 ステージでは北海道を中心に活動するミュージシャンの中田雅史さんや、夫婦デュオの「箱庭」、アフリカンバンドの「ドゥユニダンシ」のパフォーマンスが行われた。イベントの最後は滋賀県発祥の「江州音頭」を踊った。

 「BIWAKO DAUGHTERS」の中川知美さんは「普段は近くでお店をしているが、マルシェでたくさんの人と触れ合えるのが楽しい」と話す。

 大津市の女性は「マルシェでしか出店していない作家さんのアクセサリーが購入できてよかった。飲食ブースも充実していて、子どもも楽しんでいる」と話す。

 ちゃたさんは「夜に開催するとまた違った雰囲気になる。夏休みの最終日なので、子ども連れの来場者が多い。皆が楽しんでくれてうれしい」と話した。

 次回は9月25日。開催時間は11時~17時。入場無料。